【新潟】明治屋『ゆか里』はそのまま食べてもお湯を注いでも美味しくて可愛い

新潟で創業明治33年の老舗が製造しているお菓子、明治屋『ゆか里』をご紹介します。

明治屋『ゆか里』

明治屋の『ゆか里』は、一見金平糖のようにも見えますが、もち米に砂糖蜜をコーティングしたおこしの一種なんです。

サイズも金平糖より大分小さく、大体直径5mm程度。

ゆず、しそ、抹茶などのラインナップがありますが、今回はゆずをチョイス。

そのまま食べてみると、サクサクの軽い歯触りと優しい柚子の香りがとってもマッチしています。

ちなみにこちらのゆか里、そのまま食べるのもいいですが、お湯や焼酎を注いでも美味とのこと。

さっそく試してみると…

ああコレ、とっても良い。

冬の寒い朝に、温かくてほんのり甘い柚子湯が染みます。。。
浮かんでいる粒も、星のようでとっても可愛いし、プチプチとしたあられが香ばしくて面白い。

まるで食べられる星の砂!新潟に行った際には、ぜひぜひ明治屋『ゆか里』を手にとってみてはいかがでしょうか?

【商品名】『ゆか里』
【会社名】明治屋
【住所】新潟市湊町1-2599
【電話】025-222-6613
【ネットでのご購入】新潟 明治屋 (Amazon)